三井ホームでマイホーム建築日記

三井ホームでヴァンス建築中です。

花壇とDIY

またまた久しぶりの更新です。

 

季節はいつの間にか春になり、今日なんて夏みたいな暑さになりました。

 

もうすぐ引っ越してから1年経つのかぁ(´∇`)

 

我が家の花壇は、冬の間に植えてたチューリップの球根がついに芽を出して咲き始めただけでなく、雪に埋もれながら力強く咲いていた花たちは、春を待ちわびていたように大きくグングン育ち始めました。

f:id:yanpun:20180516205904j:image

ハボタンなんか、もはや原型留めてないし、この先どうなるのかマジで未知!

ほんと、花は見てて楽しいし癒されます。

 

それから、畑も作りました。

去年のハロウィンに、オレンジ色のカボチャを玄関先に飾ってたんだけど、ハロウィンが終わったのでカボチャからタネを取り出して、適当に花壇に撒いたんです。

で、しばらく忘れてたら、なんと最近大量に芽吹き始めました。

f:id:yanpun:20180516210111j:image

ちょっと見えづらいけど、今はもっと大きくなっています。

 

 

さて、今年のゴールデンウィークは遠出はせず、家でDIYをひたすらやってました。

 

春になってからますます植物にハマり出して、家の中も観葉植物たくさん飾りたかったんです。

壁掛けの鉢とかも憧れてたんだけど、我が家の設計時、天井から何かをぶら下げるという概念がなく、壁も天井も突起のないフラットな仕上がりでしたので、観葉植物は床置きにせざるを得ませんでした。

 

でも、緑ってやっぱりバランスが超大事で、ただ闇雲に置いてもあんまり素敵じゃないんです。

やっぱり、高低差がないと。

 

そこで、作りました。

f:id:yanpun:20180516205847j:image

 

これで、思う存分壁から植物ぶら下げられるので、嬉しい( ˊᵕˋ )♡

 

我が家で人気のスパム缶も、いい感じにマッチしてて嬉しいです。

 

これから夏になれば、きっともっとたくさん植物が育つから、楽しみだな~(´∇`)

アイランドキッチン

あけましておめでとうございます!

 

今更感がすごいですが、今年初ブログです。

あ、前記事の怒りはおさまりました。

あのあと、メンテナンス担当の方の上司という方がきて、今回の対応の一部始終をお話し、謝罪されました。そして、担当者を変えてもらうことになりました。

もちろん、また気になることがあったらいつでも連絡くださいって。

 

ってか偉い人の謝罪が欲しくて言ってるんじゃないのに。

何度も言ってるように、クレーマーになりたい気持ちはゼロなんですよ。ZERO。

むしろマイナスですよ。マイナス1000%!

出来ることなら、誰とも憎しみ合うことなく、誰にも嫌われず、誰も嫌わず、みんなで仲良く、ハッピーホームで生活していたいんですよ私は。

でも、この家に関してはこだわりにこだわって、何1つ妥協せずに手に入れたものなんですよ。

その気持ちを軽く見られるのは私には許せなくて、だから、その、うん、なんかもういいや。

また怒っても仕方ないし!(笑)

 

まぁでも今のところ不具合はないし、また何か気になったら連絡できる窓口もあるし、あとは楽しくハッピーに住んでいきたいと思います。

 

 

話は変わって、バレンタインが終わりましたね。

みなさんは夫や彼氏、はたまた職場の同僚や父兄弟に今年もばら撒きましたか?

 

私はね、毎年夫への本命チョコと、職場の上司たちへのばら撒きチョコを手作りするんですが、

 

今年はついに、夢を達成しましたよ。

 

【アイランドキッチンでクッキー作り】

 

私は家を建てると決めて、ハウスメーカー巡りを始めて間もなく、「アイランドキッチン」への憧れが爆発しました。

 

カントリーな雰囲気漂う、レトロでアメリカンなデザイン。

アパートの時もそうだったけど、今は対面キッチンが主流じゃないですか。キッチンにいながらリビングの様子が見れるとか、たしかに素敵だと思います。

しかし!私は料理をしてる時は他のこと考えたくないんですよ。料理だけに集中したい。

そして、誰にも邪魔されなくない。自分1人で、あれこれ試行錯誤しながら、静かな場所で、鼻歌歌いながら料理したいんです。

それが叶うのが、独立したキッチンスペース、そしてその真ん中にそびえ立つアイランド。

 

そしてアイランドは時に作業スペースとなり、時に作った料理を無限に置いておけるスペースとなります。

アパート時代のキッチンは、作業スペースの幅が狭すぎてまな板さえはみ出ていたので、とにかく広い台が欲しかった。

 

「アイランドキッチンに、私はする!」

と、海賊王目指す意気込みで家作りしたんですよ私は。

 

だから、完成したアイランドキッチンを眺めては、ここでクッキーを作る自分を想像してうっとりする毎日でした。

 

…あれから1年。

「いつクッキー焼くの?」と夫から嫌味を言われながら迎えたバレンタイン。

ついに、その日が来ました!

アイランドキッチンでクッキー作り!!!

 

アイシングクッキー作ったよ\(^o^)/

f:id:yanpun:20180219213928j:image

 

完成度(笑)

 

見た目はちょっとアレですが、とにかく作業効率の良さ!

なにがいいって、高さが丁度いい!

そして広さがハンパない!

 

前にも書いてるかもだけど身長165cmの私はアパートのキッチンでいつも腰を痛めてた。

あと5cm…あと5cm高ければ…

そう思って、新しい家のキッチンは、高さを90cmにしたのです。(一般的には85cm)

それがもう絶妙!

キッチンに立つのが毎回幸せ。

作業効率が神!

 

前回のブログと今回のブログの前半はちょっと怒ってるけど、なんだかんだでこの家が大好きだ。

 

そうそう、最近ちょっとずつ細々した家具や家電を買い揃えています。

 

まずは加湿器。

f:id:yanpun:20180219214724j:image

スマートブリーズのおかげで冬も家中ポカポカなのですが、乾燥は大敵!

なので、リビング用と寝室用の加湿器を買いました。

 

それから和室。

f:id:yanpun:20180219214901j:image

和座椅子とちゃぶ台を購入。

 

和室はあとはたぬきの置物が揃えば完璧なんだけど、いいのないかなー。

 

今年もちょくちょくブログ書けるように頑張るぞ。

 

 

 

 

三井ホーム ヴァンス

今日は、ちょっと怒ってるので、あえて三井ホームでヴァンスを検索した方が真っ先に見てくれそうなタイトルにしています。

 

我が家は三井ホームでヴァンスを勧められ、その外観に一目惚れして建築を決断しました。

ほんとに素敵なんです。

真っ白な外壁にアールの装飾、そして黒い瓦屋根。

 

洋風で高級感があり、尚且つ三井ホームというブランドの安心も兼ね備えた、最高の家になりました。

 

しかし、引っ越してから3ヶ月後、玄関ポーチの上のつけ梁と、その下の外壁に、雨だれのような汚れがつき始めました。

 

そもそも、三井ホームの外壁は汚れが付きにくいという説明があったので、白い外壁を選択したのに、引っ越して3ヶ月で雨だれ汚れですよ?

 

ちょうどその頃に3ヶ月点検があったので、メンテナンス担当の方に話しました。

3ヶ月点検のブログも書いていますが、その頃はこんなにひどい対応になるとは考えてもいなかったため、この件には触れていません。

 

メンテナンス担当の方に話してから、待てど暮らせど、なかなか回答は来ない。

何度か催促して、ようやくつけ梁の交換と、外壁の吹き付け直しを行うという回答を得ましたが、しばらくすると長さ4m程のつけ梁が、何の連絡もなしに家に届きました。

 

4mの長さのデカい荷物、家の中に保管することも出来ないので、多分近日中にメンテナンスの方が来て工事始めるんだろうと信じ、雨の当たりづらい駐車場に置いておきました。

ですが、それから1週間以上経ってもつけ梁は放置。

挙句の果てに雨も降ってダンボールがぐちゃぐちゃ。

 

あんまりなので連絡を入れたところ、今度は何も言わずに持ち去られていました。

 

こんな対応から始まり、なんだかんだで冬になりました。引っ越してからまだ間もない家にまた足場を組んで工事をされて、周りからは「家、どうしたの?」と聞かれてとても恥ずかしかった。

 

その後、工事の完了報告とかで、なんだかんだ伸び伸びになって、本日メンテナンスの方が家に来ました。

 

内容は、

・外壁とつけ梁の汚れは、立地環境が悪い(新興住宅街)

・つけ梁の上に溜まったホコリを掃除しないのが悪い

三井ホームは最高級の部材を使っているので、部材の問題ではない

・施工もキッチリやってるので、三井ホームに責任はない

 

……これ、この説明で「そうですかわかりました。」って納得出来ると思ってる?

 

そもそも、家の外壁を定期的に拭いてる家、今までの人生で見たことないんだけど。

 

しかも、新築の家がこれだけある中で、我が家だけ外壁汚れてるって、どう考えてもおかしいでしょ。

それを、自分は悪くなくて、定期的に掃除しないのが悪いって一方的に言われて、失望しました。

 

私は文句を言ってるんじゃないんだよ。

クレーマーになるつもりも全くないんだよ。

ただね、住み始めて3ヶ月で、我が家だけ汚れるっておかしいでしょ?って言ってるの。

他の家では壁拭いてないけど汚れてないよって言ってるの。

 

それを、「クレーム」の一言で片付けられて、今後は拭く以外には対応策はないって。

しかも態度もかなりのものでしたよ。

こっちの話を遮る、話しながら頭を掻きむしる、声がだんだんでかくなる、めんどくさいという気持ちがバレバレ。

 

この人が三井ホームのメンテナンスを担当してたら、いずれ三井ホーム潰れるんじゃないかって思うくらい。

 

最後に、別件で玄関の鍵が調子悪いことも話したんですが、終始無言で、かなり乱雑に修理していきました。

玄関ドア壊れるかと思った。

 

 

なので、自分の家を悪くは言いたくないのですが、今回受けた対応はあまりにも屈辱的だったので、ここで三井ホームでヴァンスを建築しようとしている方の目に少しでも触れるように書かせていただきます。

 

たしかに、三井ホームは安心、安全な構造であることには間違いありません。

ですが、我が家のように美観にもこだわりがある方は覚悟して建築するべきだと思います。

 

ヴァンスは、つけ梁の部分を定期的に拭かないと、3ヶ月で黒いシミになります。

 

ちなみにつけ梁っていうのは、外観を豪華に見せるための装飾なので、ベランダとか出やすい所ではなく、部屋の小さな窓から出て、手すりとかもない危険な場所にあるので、拭く時には転落しないように注意が必要です。

 

若いうちはいいですが、おじいさんやおばあさんになったらおそらく無理です。

 

でも、それをいっても、「やってる人はいる」と言われたので、やらなきゃいけないみたいです。

 

また、同じような現象は、我が家だけでなく全国的にもあるようで、「これからヴァンスを建築しようとしている人には、拭き掃除するように予め伝えるんですか?」と聞いたら、「営業担当は伝えるべき」とも話していました。

 

なので、今検討中の方、ちゃんと説明されるか注意して聞いてみてくださいね。

 

 

我が家の今後の予定としては、今回対応されたメンテナンスの方とは良い関係を築けそうにないので、この1連のやり取りを営業担当の方に伝え、担当者を変えてもらう予定です。

 

幸いこのブログに興味を持って見てくださっている方が沢山いらっしゃるので、ヴァンスに住んでいる、又は建築を考えている皆さんが今後同じ苦労をしないように、声を大にして言わせてもらいます。

 

ヴァンスのつけ梁は拭かないとすぐ汚れるよ!

花壇の様子(平成29年12月20日)

我が家に花壇が完成してから1か月ちょっと。

 

さぁ、これから花畑と農場を作るぞ!と意気込んでホームセンターに足しげく通いましたが、

 

 

まぁ~、ないよね。葉牡丹しか。

 

どこいっても、いろんな種類の葉牡丹ばっかりで、買っても買っても葉牡丹。

 

紫と白の2色。

 

背が高くても低くても、ヒラヒラでもチリチリでも、濃くても薄くても、葉牡丹。

 

これでは、花畑でなく葉牡丹栽培になってしまいます。

 

なので、花壇完成から時間が経っていますが、まだ花壇の85%は土。

 

そしてその4分の1は葉牡丹。

 

f:id:yanpun:20171220203939j:image

 

天気のいい休みに、1列ずつ増やしていきます。

 

花壇

花壇が完成しました!

f:id:yanpun:20171112140526j:image

 

これから家を建てて、エクステリアとかどうしようかと考え中の皆様にお知らせします。

 

自分たちだけで花壇造るの、想像以上に大変だよ(笑)

 

私、安易に考えてたんですよ。

「花壇の部分は土の状態にしてもらってるし、ちょっと掘って、ブロック買ってきて並べれば出来るでしょ?」

「あとは今ある土に肥料とか混ぜれば余裕で花とか野菜とか作れるでしょ?」

 

ってね。

 

実際のところ、まず今ある土の中から、信じられないくらい石出てくるからね(笑)

これを取る作業で2週間使ったよ。

 

さらに、「土をちょっと掘る」作業、あれはかなりの重労働。

次の日から全身筋肉痛地獄。

さらに、「ブロック買ってきて並べるだけ」の作業。

ブロックも単価は安いがまとめて買うとまあまあの出費。さらに単純に長さを測ってその分のブロックを買ったものの、ピッタリ納まるわけもなく。

どうしてもあと数十cmが余る。かといって、1個では多いというトラブルも発生。

DIY初心者で棚を量産してる夫が、コンクリートブロックを切る機械なんて持っているわけもなく、強硬手段で「ブロックを割る」と言う選択をしようとしたところ、近所でコンクリートを切る音が。

近くで外構工事をやってる業者さんがいたので、恥を承知でブロック持って行って、お願いして切ってもらいました(笑)

田舎ってやっぱりいい人が多くて好き( ˊᵕˋ )♡

 

しかも、切ったところにモルタルまで詰めてくれるサービスぶり。お茶2本でこれだけやってくれるなんて。

f:id:yanpun:20171112141902j:image

 

このように、プロの手を少々借りつつも、なんとか自分たちだけで花壇を完成させました。

自分たちだけって言っても、我々夫婦と、80代の私のじいちゃんとばあちゃんにも、盛大に手伝って貰いましたが。

 

ちなみに私はこの花壇を作り上げる工程の中で、2回ぎっくり腰やりましたので、これから花壇を作ろうとする方はコルセット着用を推奨します。

 

 

それが先々週までの話で、先週と今週は早速色々と植えてみました。

まず、我が家のシンボルツリーは玄関先にあるものの、今度は「実のなる木」が欲しいと思って、柚子を植えてみました。

f:id:yanpun:20171112142310j:image

自分の家で取れた柚子で柚子湯とか最高じゃないですか?

どんどん大きくなってほしいです。

 

それから、夢だった家庭菜園。

野菜の植え付け時期を大幅に無視して、見よう見まねで作ってみました。

人間は失敗して覚える生き物だからね。

このネギとほうれん草が失敗したとしても、私はめげません。

f:id:yanpun:20171112142515j:image

 

最近ハマり出した寄せ植えも。

f:id:yanpun:20171112142546j:image

f:id:yanpun:20171112142559j:image

可愛い( ˊᵕˋ )♡

 

 最後に、、夫が作った作品も見てあげてください。

スリッパラックと、傘立てです。

f:id:yanpun:20171112142710j:image

f:id:yanpun:20171112142717j:image

 

完成度が高くなってきています。

 

最近やらなきゃいけないな事がたくさんあって、家でも勉強しなくちゃいけないのですが、今日も庭で作業してたら疲れてしまって、今ソファに寝転がってブログ更新している始末です。

 

ちょっとだけ寝たら、勉強しよう!

 

 

カーポート

先週ひいた風邪をこじらせてしまい、更新が遅れてしまいました。

 

物置設置の翌日、カーポートも設置されましたよ!

 

これも、迷いました。

だって、カーポートも物置と一緒で、調べれば調べるほど種類やら性能やら様々で、何を優先するかで値段も全然違う。

 

まず、我が家は車が2台なので、当然2台用のもので検討。

 

そして、同じような作りに見えても、その性能がそれぞれあって。

まず、積雪に対する耐性の問題。

私が住んでる所は豪雪地帯ではないものの、冬は当たり前に雪が降って、最近の異常気象でドカ雪が降ったりする地域。

 

カーポートの種類は、「積雪20cmまで」と、「積雪50cmまで」の二種類があって、それ以上は北海道とかでしか売れないらしい。

ちなみに値段は、50cmの方が20cmの方の倍。

 

これは、値段を取るか、安心を取るかの二択だったんだけど、ドカ雪の時に心配で家の中から何度もカーポートの状態を確認するような冬は過ごしたくないので、ここは安心の50cmを選択しました。

 

あと、風速もね。積雪20cmの方は、風速23mまでだったんだけど、50cmの方は46mまで耐えられるとのことで、これで台風でも家の中で穏やかに過ごせそうです。

 

それからデザインね。

私、カーポートといえば、屋根はポリカーボネートで、太陽の光を通す明るいイメージだったんですよ。体育館の屋根みたいな形のね。

 

しかし、それは全て積雪20cmのものであって、強ければ強いほど、当然造りもゴツくなるのですよ。知ってました?

ちなみに積雪50cmで、屋根が透明のやつもあるはあるんですが、もう別格に高いんですよ。値段の話ばかりで申し訳ありませんが、これって1番重要じゃないですか。高いものは良いに決まってますもの。

 

ですので、我が家では完璧な強さを兼ね備えつつ、それでいてその強さを全面的に見た目に反映されたカーポートを選びましたよ。

 

そういえば私も、草食系だと思ってたら実は腹筋割れてるみたいな男子より、見るからにTシャツが今にも破れそうなゴリマッチョの方が好きだし。

 

強さが目に見えた方が安心!(笑)

 

だけど、家の外観や物置の扉とも合うように、木目調の要素を取り入れてもらって、なんだかんだで今はこれぞ我が家のカーポートって感じで超気に入ってます。

f:id:yanpun:20171015211537j:image

 

それから、今日はお花の寄せ植えを作ってみました。

私のじいちゃんがピンクの棚を作ってくれたので、それに合うように作ってみた( ˊᵕˋ )♡

f:id:yanpun:20171015210454j:image

 

それから、草花たちの手入れを。

f:id:yanpun:20171015210518j:image

 

寒くなってきたけど、天気も良く、やりたいことがたくさん出来ました。

f:id:yanpun:20171015215932j:image

 

花壇も、土の中の石取りをしたし、あとはブロック並べて肥料入れればもっともっと草木を植えられる!

楽しみです。

 

ヨド物置

我が家の庭に、物置が設置されました!

 f:id:yanpun:20171008084726j:image

正確には、物置兼作業場。

「家を建てたらDIYで棚作りまくりたい」

と言っていた夫が、思う存分棚を作れる場所が完成しました。

 

これもね、かなり、かなーり迷って決めました。

物置って、探してみて分かったけど、色んなメーカー、形、色、機能があるんですよね。

 

まず迷ったのが、形。

夫の作業場に十分な大きさであることが第一条件だったので、最初のうちはアメリカンガレージ的なものを探してたんです。

f:id:yanpun:20171007221847j:image

こんなのね。

けど、これは高い。かなり高い。

それに海外製のものだと耐久性とか色々不安もあり、やっぱり安心な日本製に方向転換。

 

そして、これまでは物置の大きさ自体にこだわっていましたが、「作業場、外でも良くね?」と閃いて、外に広く取れて、なおかつ屋根もあるものとして、「自転車置き場付きの物置」で探し始めたら、結構あるある!

 

自転車置き場を作業場として使うという新しい発想で、物置スペースはそこそこに、自転車置き場スペースも広く取れるものを探しました。

で、絞れたのがヨドとタクボ。

 

ここからは好みの問題ですね。

値段的にはタクボが少し優しいお値段だったのですが、違いは扉の色。

タクボは選べる色が、白、オレンジ、緑、シルバーの4色。

ヨドは、タクボの4色の他、ピンクや木目調もありました。

 

我が家の外壁は白で、庭は芝。そしてたくさんの花。

玄関扉は木目調。

 

これ、物置の色は木目調しかなくないですか?

 

というわけで、唯一木目調の扉が選べるヨド物置に決定しました。

 

夫の作業場も広くて快適\(^o^)/

 

そしてすごい存在感(笑)

早く、庭で棚を作る夫をプチリュクスから優雅に眺めたいです。

 

今日からはカーポートの工事に入るよー٩(ˊᗜˋ*)و♪